WF実践実現Diary ホーム » FX »GBPUSDチャート解説

GBPUSDチャート解説  

こんにちは、のりこです。
更新するまでまた一か月かかってしまいました。
これではブロガーとして失格ですね。。。。
ブロガーと言う時点でおこがましいと言われそうです(・_・;)

パートのお仕事と子どもの勉強と家事の3本柱に加え、FXトレードも行っているので
なかなかブログにまで時間が割けないのですが、
ちょっとだけ時間ができたので久しぶりにチャート解説をしてみます。

ポンドドルの週足チャートです。
ラインを引いていたら抵抗線もはっきりとわかりました。
しかも!!現在ちょうどライン上で終値が届いていて、

さあこれから上げ?下げ?
仕掛けるなら今でしょ?

という状況でありますので、皆さんも注目してみたらどうでしょうか。

pondoru.jpg

現在、①の抵抗線に当たっています。
これを下抜けたら②に向かいます。
②が抜けたら③に向かいます。
それぞれの値幅間隔がだいたい等間隔になっています。

これだけをみてこれから上昇なのか下落なのかはわかりません。
わかるのは現在分岐点にあるということ。
割っても戻しても流れについていくだけ。

ロング、ショートどちらのトレードもいいのですが、
リスクで考えると、下落トレンドにおいてはロングの方がリスクが高いので
私ならショートを取りにいくでしょう。
今のタイミングなら多少の戻しもあるでしょうから、
あまり引きずらないスキャルでロングも一つの選択です。

どっちつかずの解説のようですが、
わからないものはわからないので、負けにくい方にリスクを取ったほうがいいと思います。



スポンサーサイト

category: FX

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

ビットコインの購入

楽天ポイント還元

本日の経済指標

ヘルスケア・美容

セキュリティソフト

生活雑貨

▲ Pagetop